忍者ブログ

ドラフトマニア

ドラフト候補をピックアップしていくブログ。プロ野球で一番好きなのはドラフトかもしれない。

斎藤大将(明治大)



斎藤大将(投手)
178センチ 75キロ 左投げ左打ち
桐蔭学園高→明治大

日米大学野球で初めて見たんだけど、なかなか良いピッチャーだなぁという印象を持った。左のサイドハンドからMAX146kmの速球と切れ味鋭いスライダー。結構球に力もありそう。

大学入学後は基本的にリリーフで投げてるし、適正はやっぱりリリーフなのかなぁとも思うんだけど、ワンポイントではもったいない素材。柳、星という2枚看板がプロに旅立ち、4年時はひょっとしたら先発かもしれない。先発の経験積んで結果を出せば評価は今よりも上がるはず。


安田尚憲(履正社高)



安田尚憲(内野手)
188センチ 92キロ 右投げ左打ち
履正社高

超高校級のスラッガー。高校通算42本のホームランを放つ強打者で、バッターボックスの雰囲気が良いですよね。ドシッとしてていかにも打ちそうなオーラを放ってる。履正社の先輩であるT岡田を超える可能性も。

守備はサードのようで、肩は強いらしい。守備がめちゃくちゃ上手くなくても普通レベルであれば評価は落ちない。左打ちの外野手は飽和状態だからなぁ。

猪田和希(神戸国際大付高)



猪田和希(捕手)
175センチ 80キロ 右投げ右打ち
神戸国際大付高

2年夏までは外野手、新チームでは捕手をつとめる注目の選手。捕手経験は少ないながらも強肩を活かした守備は今後急成長する可能性も。打撃は元から高い評価を受けており、右方向へも大きな打球を飛ばせる天性のパワーを持つ。身体は大きくないが、強い打球を打てるのがポイント。

「あばれる君」に似てると言われるが、写真を見て「確かにw」って思った。あばれる君のような全力プレイでセンバツにのぞんで欲しいところ。